ITコラム

ネットワークが遅い?簡単チェック方法!

サポート

こんにちは、広報委員会です。秋らしくなってきましたー!!
広報ではインスタグラムもやってるのでそろそろきれいな風景もたくさん撮って載せていこうかなーと思います!その他お役立ち情報や技術載せてます。
ぜひチェックしてみてください(*’ω’*)

今回は皆さんがパソコンやモバイル端末で一度は感じたことがある”ネットが遅い”について簡単にできるチェック方法を教えていきたいと思います。

まず、皆さんはどういうときに速度が遅いと思いますか?

などなど… 様々な通信時に遅さを感じると思います。

では、簡単にこの通信速度に使われる単位や速さについて簡単にご説明します。

この単位が上がるほど大きいデータをやり取りできるため、通信速度は速くなる、という仕組みになります。
そして、この通信には ”上り” と ”下り” があります。要するに ”アップロード” と ”ダウンロード” のことです。

端末から(PCやスマホなど)データや情報をネットワークを介してサーバーやホストコンピューターに送ることです。

アップロードとは

例えばSNSを投稿する、相手にメールを送るなどがアップロードに該当します。

ダウンロードとは

サーバーなどにあるデータや情報をネットワークを介して端末に落としてくることです。
例えば、メールの受信や画像、動画の読み込み、ソフトやアプリのダウンロードが該当します。

利用目的別にみる、速度の目安が以下の通りです。
音声通話やビデオ通話は同時接続人数によって変わったり、
画質(フルHDや高画質)によって必要速度が変わっていきます。

これらを踏まえて、いざ自分の通信環境はどうなっているか気になりますよね。
速度が図れる便利なサイトや、スマートフォンではアプリがあります。
今回はパソコン上での環境を調査ということで、サイトを紹介していきます。

Fast.com:ページ移動後に自動測定が始まり、結果もシンプルに表示されます。


USEN:測定開始するとテストが始まり、テストの結果で利用目的別の速度を見ることができます。

今回はこの2つのサイトを紹介させていただきました。
Googleも回線速度のテストを出しているようで、検索すると自動的に開始されるようになってます。

通信速度の中でも、ping値というものも見ておく必要があります。

ping値とは、データの送受信にかかる時間を表したものになります。
上記のUSENの結果にもPINGってありますね。
このping値が50ms以下だとネットサーフィンやSNSを閲覧するなど一般的な用途であれば快適に使用できます。

オンラインゲームやオンラインミーティングだと、このping値が30ms以下でないとカクカクしてしまうなど影響が出てきてしまいます。

この通信速度を改善するには、遅いなあって思うときはWi-FiではなくLANケーブルを使い、有線接続でインターネットを利用する。
どうしてもWi-Fi接続でないといけない場合は機械の配置を変えたり、2.4Ghzや5Ghzをうまく使い分けて対処していきましょう。

機械の故障かな?新しくLANケーブルを伸ばしたい!
機器の購入を検討したいなど企業向け様に、
サポートをいたしております。詳しくはお問合せまで!


また、以前にもwifiに関する記事を載せています!一度ご覧ください!
→ よく聞くWi-Fiの2.4GHzと5GHzって?



皆さんもぜひ快適なインターネットオフィスワークを!