ITコラム

パソコンを開けてみよう!

サポート

こんにちは、広報委員会です。
最近のオアシスはパソコンの入れ替え業務が多いです。
新しいパソコンを買って使うのはいいですが、長らく愛用していたかわいいパソコンとお別れすることは寂しいですよね。
なによりもコストがかかる。

そこでオアシスではできる範囲ではありますが、買い替えずに使いたいという現行のデスクトップやノートパソコンを開けてメモリを増設したり、
HDDをSSDに換装したり、清掃したりしてます。

例えばこんなに小さいミニデスクトップも、

じゃーーん

ぱかっと開けてメモリ増設と内部の清掃!

エアダスターで吹いた時にほこりがたくさん出てきました。
内部を清掃するだけでパソコンの熱が落ち着き、それに併せてパソコンの操作時の動作が改善されることがあります。

では、本題のメモリ増設とHDD、SSD、換装(クローン)の説明します。

メモリ増設とは

メモリとは例えるならば作業台の広さであり、広ければ広いほど他のソフトを開いて複数の作業を行うことができたり、スペックによって使えるソフトの幅が増えたりします。

メモリ増設はパソコンが重たいなと思った時に簡単に取り掛かることができ、パソコンをごそっと買い替えるより安価に重たさを打開できます。

しかし、よく調べないとメモリにもパソコンの相性や規格があるため、要注意です。

ディスクドライブ

HDDとはハードディスクドライブの略で、データやプログラムを電磁的に読み書きする記憶装置です。
HDDの特徴は大きな容量のものでも安価で手に入ること、長期間のデータの保管に強いです。衝撃に弱く、落としてしまうと動作不具合の原因になることもあります。
青いラベルがついているものがHDDです。

SSDとはソリッドステートドライブの略で、半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)です。
特徴としては、動作が速くなる、形が小さいのでノートパソコンにも対応。HDDは衝撃に弱いが、SSDは衝撃に強い。
しかし、熱に弱く、高温の場所に長期間置いておくとデータが消失する可能性も。読み書きが速い分、通常通り使用してもディスクの寿命が短いところも弱点ですね。

青いケースに入っているのがSSDです。

HDDとSSDの違いを少し理解したところで、動作の遅い・重たいHDDを換装していきましょう。

SSD換装

HDDのデータとOSを丸ごとSSDにコピーすることをクローンといいます。そしてHDDからSSDに換えることをSSD換装といいます。

操作用のパソコンを使わず、クローンを作ることができる機械を使用してコピーを作ったり、HDDとSSDを直接ケーブルでパソコンに接続し、ソフトを用いてコピーをかけたり様々な方法があります。

実際にSSD換装をし、その速さを体験した方は多くいます。

という声を実際に頂いております。

SSDはHDDよりも高価ですが、新品のパソコンを買い替えるよりは安いので、ぜひ試してみてください!!
また、換装やメモリ増設の依頼も受け付けておりますので、一度お問合せください。

キー外れもたまに直してます♬
キーの下にもほこりが溜まり、キー外れの原因にもなりうるので掃除は大事ですね。

では、次回お会いしましょう!