無料版!オンラインミーティングアプリ3選

はじめまして!オアシスの広報委員会です。

この度、当社ホームページにITニュースという枠が新設されました!

ここではITに関するトピックを作成し公開していきます。

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです ^^

 

※あくまで独自に調べたものであるため参考程度にお願いします。

 

今回ご紹介するのはオンラインミーティングが可能なアプリです。

昨年から続くコロナ禍でそろそろテレワークになれてきたのではないでしょうか。

テレワークといえばテレビ会議ですよね。ここでよく耳にする無料ツール3点を簡単に見ていきましょう!

Zoom


Zoomは無料ダウンロードすることができるWebミーティングシステムです。

無料版だと3人以上のミーティングは40分までと時間制限がありますが、1度終了すれば再度ミーティングが可能です。

Web会議に参加するクライアント側はアカウント作成が必要ありませんが、アプリ版のインストールが必須です。(Zoomにはアプリ版とブラウザ版がある)

また、現段階で世間的に普及度が高く、100人まで参加可能です。(デフォルトで画面表示数は25人、49人まで増やすことが可能)

不安な声として、セキュリティ面に関して脆弱性があるとの報告がありますが、脆弱性を改善するバージョンアップが適宜行われています。

Zoomは画面共有や録画機能、相手側のパソコン画面の操作するリモート機能が備わっており、無料版でも十分に機能を満たしていると言えるでしょう。

 

Skype


Skypeは無料ダウンロードでき、音声通話やビデオ通話をすることができるコミュニケーションツールです。

この機能の中にあるビデオ通話を利用しオンラインミーティングを行えます。

利用する場合はアプリをダウンロード後、アカウント作成しなければならず、その際有効なメールアドレスの準備が必要です。

制限時間は1回あたりのビデオ通話で4時間(1日で合計10時間まで)、最大50人まで参加できます。(画面は最大4分割まで、4アカウント表示可能)

Skypeは様々なデバイスに対応しており、コンピュータはもちろんのことスマホやタブレットでも使用可能です。

Skypeはデータ通信量が比較的多く、Web会議への参加者が多くなればなるほど接続が不安定になりやすい可能性があります。

比較的少人数のオンラインミーティングに向いているでしょう。

 

Teams


Teamsはマイクロソフトが提供しているグループコミュニケーションを可能としたソフトウェアです。

Web会議を開く場合はアプリが必要であり、その際Microsoftのアカウント作成しなければいけません。

会議に参加するクライアント側はアカウントが必要なく、ホストから送られてくるメールに記載されているURLをクリックすれば、

ブラウザ版からWeb会議に参加できます。(参加後、ホストの許可が必要)

チャット、通話機能、テレビ会議などチームワークに必要な機能がまとまっています。

最大100人までオンラインミーティングに参加でき、1回あたり最長60分のWeb会議を行うことができます。

無料版に録画機能はありませんが画面共有やファイル共有などの基本サービスは整っています。

2020年12月現時点では特別な期間に入っており、最大300人&最長24時間のWeb会議を行うことができますが、

この期間がいつ終了するのかは未定となっています。

 

まとめ


いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した3つのツールはどれもWeb会議に必要な機能は備わっており、それぞれに特徴がありました。

どれも無料ダウンロードができるので全てインストールしておき、用途に応じて使い分けることをオススメします!

この他にもWeb会議ができるアプリは沢山あるので、ご自身の環境にあった最適なツールを探してみてはどうでしょうか?

ぜひ便利で素敵なITライフをお過ごしください。

 

ではまた次回のITニュースでお会いしましょう!

 


PAGE TOP