最近気になるWEBサイトの安全性について

皆さんこんにちは!オアシス広報委員会です!

突然ですが皆さん、ネットサーフィンをしているときに、こんな表示を見たことはありませんか?

”保護されていない通信”、”セキュリティ保護なし”などアドレスバーの左に表示されていますね。

これは「あなたとWEBサイトとの通信が保護されていませんよ」という注意喚起なのです。

逆にこんな表示も見たことあると思います。

アドレスバーの左側に錠前のアイコンがありますね。

この違いを今から超簡単にご説明します。

錠前のマークがついているものは「そのWEBサイトとの通信を暗号化してますよ」という意味です。

 

では、通信が保護されていない(暗号化されていない)WEBサイトの何が問題かというと、

例えばあなたがWEBサイトからお問合せメールを送ったとします。

この時通信が保護されていないと第三者に通信を盗み見られたときメールの内容が簡単にバレてしまいます。

そうなると、お問合せした内容や、メールアドレスなどの情報が盗まれ悪用されてしまいます。

しかし、この通信が保護されていると、第三者から通信を盗み見られても、その内容を解読することはできません。

よって、WEBサイトからお問合せした内容や自分のメールアドレスの情報が盗まれ悪用されることはありません。

 

これをSSL暗号化といいます。暗号化の仕組みは複雑なので今回は割愛しますが、

この表示を見たときに、なんとなく「安全なWEBサイトなんだなー」と、思ってもらえればと思います。

では逆に「通信の保護されていないWEBサイトは全て危険なので、見ちゃいけない、問合せメールを送っちゃいけないのか」

というと、そうゆうわけではありません。必ずしも情報が盗まれ悪用されるわけではないのです。

しかし、盗み見られる危険性があることは覚えておいてください。

 

いかがだったでしょうか。

いつも何気なく見ているWEBサイトは安全なのかどうかちょっと気になりましたか?

この記事を読んで少しでもセキュリティに意識を向けてもらえたら幸いです。

 

また、WEBサイトからお問合せをしてほしい企業さんはこのSSL暗号化が

企業の信頼や安心感につながると思います。

オアシスではWEBサイトのSSL暗号化も行っております。

わからないことがあればお気軽にお問い合わせください。


PAGE TOP